2018.01.20 11:43:24

テーマ:今月の税務

ふるさと納税 ワンストップ特例と確定申告

お正月気分もすっかり抜け確定申告の準備を始める会計事務所より大切なインフォメーションです。

昨年ふるさと納税をされた会社員の方は、

寄附した先が5か所以内で、1月10日までにワンストップ特例申請書を提出すれば、

確定申告しなくても市町村間で住民税の減額が調整されます。

しかし1月10日までにワンストップ特例申請書の提出ができなかった方は、

確定申告が必要です。

還付申告ですので、3月15日を過ぎても罰金等は課せられませんが、

住民税の減額を早く受けるためにも3月15日までにはお済ませください。

ここでもう一つ。

「ワンストップ特例申請書ちゃんと1月10日までに提出しましたよ。」

「でも29年の医療費計算したら結構かかっているので確定申告やっぱりしましょう。」

という方はご注意です。

確定申告書が提出されるとワンストップ特例申請書の提出の効果が無くなります。

よって、その際は、確定申告時に必ず「寄附金控除」の適用を受けてください。

わかくさ会計事務所

〒540-0035
大阪市中央区釣鐘町1-6-6
大手前ヒルズ401

TEL:06-4794-7807
FAX:06-4794-7808

わかくさ会計事務所はTKC全国会会員です